スタッフの声(日本動物高度医療センター)スタッフの声(日本動物高度医療センター)

獣医師

金本 祐佳

名古屋病院
泌尿生殖器・消化器科
金本 祐佳

【プロフィール】

  • 日本大学生物資源科学部獣医学科卒
  • 東京大学内科系診療科研修医修了
  • 獣医がん学会所属
  • 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
  • 中部小動物臨床研究会所属

大学卒業後、若いうちに力の限り色んなことを吸収し、能力をつけたいとの思い二次診療施設として大学病院での研修を選択しました。その後も、まだ自分の学習曲線は伸びるはずだと思い、専門的な高度診療施設として当社に入社しました。入社後1年間、専科研修医として従事し、古川院長はじめ本院の勤務医の先生方に指導していただきました。症例により獣医師の考え方や診療方針の微妙な違いなども、こんな考え方があるのかという新しい発見と学びにつながりました。ひとつのやり方や考え方に凝り固まるのではなく、常に柔らかくいろんなことを吸収したいと思っている私にとって、とても楽しい経験でした。名古屋病院の良いところは、診療科を超えて様々な専門分野の獣医師に垣根なくコンサルをお願いできることです。皆が協力して症例について検討できますし、本院の獣医師や病理担当の先生も快く相談させていただいています。自分の能力を超えるところは上の獣医師に相談し、手術経験を少しずつ重ねていき、これからも向上を目指します。

中島 麻里

東京病院
泌尿生殖器・消化器科
中島 麻里

【プロフィール】

  • 北里大学獣医畜産学部獣医学科卒

大学卒業後から全科研修医として入社し、各診療科を巡る中でさまざまな症例に出会いました。勤務医の先生方のインフォームから病態を理解し、基礎を学び、症例と向き合うことで疾患をより深く知ることができました。最初は一次診療の病院のように一日に多くの症例に接するわけではないので、基礎を深められていないのではないかと悩むこともありましたが、今ではここにいたからこそ学べたことが数多くあったと実感しています。また、さまざまな経歴をもつ先生方の考えを知る機会があり、そこから自分なりの新たな考えを構築し、自分を磨ける環境にあると考えています。そして全科研修医から専門研修医を経て勤務医になったことで、担当医として、あるいは臨床医として患者様により良い治療を提供したいとの思いが強くなってきました。困難な疾患に対しては。チーム獣医療を提供する仲間とディスカッションするなかで、今後もより良い治療を検討し、満足いただける医療となるよう努力していきたいと思います。

山内 弥生

川崎本院
泌尿生殖器・消化器科
山内 弥生

【プロフィール】

  • 日本獣医生命科学大学卒

2年間の全科研修を修了し、JARMeCで研修を受ける機会をいただけたことに改めて感謝しています。JARMeCを研修先として選んだ理由は2つあります。1つ目は、2次診療専門施設であり農林水産大臣指定の小動物臨床研修施設であることです。2つ目は、各診療科をローテーションしながら研修を行うことが出来るからです。状態の悪いの症例や複雑な症例を経験する機会が多く、1つの症例から多くのことを学び、充実した研修期間を送ることが出来ました。指導医のもと治療方針についてディスカッションする時間は、毎回とても大切な時間であり、楽しい時間でもあります。指導医の先生方や看護師の方々、また医療事務部をはじめとする多くのスタッフのサポートがあるJARMeCを就職先に決めて、本当に良かったと思っています。現在は泌尿生殖器・消化器科の勤務医として、1つ1つの症例にしっかりと向き合い、飼い主様に寄り添った医療を提示出来るように心がけています。

大庭 拓真

川崎本院
循環器・呼吸器科
大庭 拓真

【プロフィール】

  • 大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒

JARMeCに入社した一番の理由は、一次診療ではほとんど経験できないような症例や、専門的な知識が必要とされる治療や手術が経験できるからです。全科研修医はいくつかの科をローテーションで回るため、さまざまな疾患を診ることができます。さらに専門的な先生たちと触れ合うことで、ひとつの分野に限ることなく広く深い知識を得る機会が与えられます。このような恵まれた環境だからこそ「自分には何が足りないのか?」「何を勉強したいのか?」と考えていくことが大切だと思います。日々の診療の中で自分に足りないものばかり考えさせられ、知るべきことの多さを思い知らされています。同期には、新卒だけではなく一次診療を経験した専科研修医として入社する人もいます。同期は一緒に学びいろんなことを話すことができる仲間です。こういった雰囲気も、一次診療ではなかなか得られないものかもしれません。

看護師

写真

川崎本院
動物看護師
真柴 佑衣

【プロフィール】

  • ヤマザキ学園大学の動物看護学科卒

私はヤマザキ学園大学の動物看護学科を卒業し、今年の4月、当社に入社致しました。大学の同級生は、一次の動物病院、ペットの保険会社、生体販売の企業、動物の薬品会社などに入社した人も多くいましたが、私は以前から動物の医療に携わる現場で働きたいと思っていた為、より高度な医療の現場に、と当社への入社を希望致しました。当社の動物看護師は半年ごとに診療科のローテーションがあります。色々な科を回ることで、より多くの知識を得ることが出来、向上心をもって仕事に従事することが出来ますので、科の異動はとてもいい刺激になっていると感じております。先輩の看護師さんや獣医師の先生方は心から尊敬出来る方ばかりです。そんな病院で働かせて頂けていることに感謝しながら、これからも日々の業務に努めていきたいと思っております。